« 今年の社員旅行は・・・ | トップページ | 社員旅行のこと、その2 »

2007年6月 7日 (木)

水無月

昨日の午後、突然のイナビカリののち少し間をおいてから大きな雷鳴がとどろき、ほぼ同時にかなり強い雨が降り出しました。大雨警報も発令されたようです。梅雨入りも近いのでしょうか?今日もどんよりとしたお天気です。

Img_0550

聞くところによると、昨日の雷は津南小学校の通学路わきの国旗掲揚塔に落ちたらしく、ちょうど下校時だったこともあり子供たちが驚き、中には泣き出す子たちもいて保護者が迎えに行ったりと大変だったようです。

私個人としてはこのジメジメとした梅雨の時期が一年中で一番苦手!もちろん豪雪の寒い冬も嫌いですが、多少の除雪は運動にもなるし、何よりもスキーができますし(* ̄ー ̄)v 

でも雨では自転車にも乗れず、ただ座って仕事をするだけでもカラダもだるく、やっと綺麗に咲き誇った花たちも長い雨で傷み臭気も放ち出します。「日本にはなんでこんな季節があるのだろう」といつも嘆いてしまいます。

ところで雨の多いこの6月をなんで「水無月」と言うのかずっと不思議に思い、今回調べてみました。 興味のある方はこちらへ!   

語源由来辞典

睦月・如月・弥生・・・・大人になってから興味を持ち覚えた月ごとの呼び名。「二十四節季」などもそうですが、この四季のある日本を情緒にあふれた言葉で表現した昔の人々の感性を忘れないでいたいものですね。

Img_0566_1ネコのひたいほどのわが家の玄関先。

日当たりが悪いので先月の半ば頃に植えたサフィニアがやっと咲き出しました。

と思ったらテッセンが終わってしまいました。、

« 今年の社員旅行は・・・ | トップページ | 社員旅行のこと、その2 »

わが町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の社員旅行は・・・ | トップページ | 社員旅行のこと、その2 »