« 脱いだり着たり、また脱いだり | トップページ | 津南の味処 »

2008年5月16日 (金)

ウォッチング〜♪

最高〜〜〜にさわやかなお天気です。

グッドタイミングでお客さまから集金以来のお電話をいただきました\(^∀^*)/

でカメラ片手に何かネタはないかと・・・・

ありました。ありました。紫色の花が町のあちらこちらに!

津南はいま、津南の木でもある津南桐の花ざかりです。

Img_5599_2

Img_5601_2

津南では葉タバコの栽培も盛んで、途中その畑もウォッチング〜

Img_5596

帰りには保育園の可愛い園児さんたちのお散歩にも遭遇。 Img_5608

(*・ω・)ん?よく見ると子供たちのかぶっている帽子は首も日焼けから守れるカバーが付いています。

へぇ〜!子どもが真っ黒に日焼けするなんて今の時代はNGなんですね。

このあと隣り町の中里まで行くと中学生が野外学習なのか街角で何人かのグループが気持ちよさそうに集まっていました。

こんないいお天気なのに息子は高校の中間考査最終日です。あとが怖い(*≧ー≦)

« 脱いだり着たり、また脱いだり | トップページ | 津南の味処 »

わが町」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく見させていただいてます、千葉県もやっと千葉県らしい気候なりました。津南町の情報発信として頑張って下さい。今度押付集落やら、津南駅も撮影お願いします。駅ナカ温泉最高です。

もう、天国に行ってしまった祖母ですが
意外に洒落ていたというか
子供の気持ちを理解していたんでしょうね。
畑に収穫に行こうと言われて、内心つまんねぇと
思いながら嫌々ついて行くと、
『イチゴ食べていいよ』と言われ、祖母が
イチゴを収穫してる間に、アホな私は畑の
イチゴを吸収してましたからね。
なんなら、祖母の収穫の前に吸収しちゃう勢いで。

母にも教えられなかった『煮りんご』を
作ってくれたのは祖母だけです。
私は、チャリンコの乗り方しか教えてあげる
事しか出来ませんでしたけど。
3枚目の写真が妙にリアルだったので。

最近の保育園児の帽子はこれが多くなってきましたね。
日焼けは子どもにもおばさまにもよろしくなくてよって事でしょう(笑
確かに首もとの日焼けも防げていいと思うのですが、見た目がどうも...あんまり...

◆津南町大好き様
会社では事務職、出かけるのは近くの銀行とピンチヒッターで集金を頼まれた時、家では家事職で食料品を買いに出るくらい、通勤は2階から1階へ降りるだけ、気づくと一歩も会社の敷地から出てなかったなんて日もある超行動半径の狭い私がお客さまや社員から聞きかじったことをネタにさせていただいております!く(^.^;)ノポリポリ
押付はすぐそこなのでご期待に応えましょう(笑)
とりあえず押付の雪国さんのブログをご紹介。もうご存知かな?

◆ 『下町の技術屋さん』 様
3枚目と言うと葉タバコの?
葉タバコの畑から、おばあちゃんとの素敵な思い出を思い出してもらえてよかったです。
年寄りと暮すのって大事な経験ができますよね。
私も子どもの頃、今はもう亡くなりましたが祖母がチマキを作ったり編み物をしたり、祖父がお正月の準備にシャケを切ったり障子張りをしている様子を見たのが思い出となり、今役立っているような・・・。
チマキはいただき物で済ませてますが(笑)

◆だしまき様
お早いおこしで!(笑)
そうそう!おばさまにも大敵。
若いころはガンガンに焼いてましたので気づいた時すでに遅しでしたが(爆)
つばの大きな帽子に半そでから出た腕にはカバーをはめて、なんて姿を最近見かけますが、どうもそこまでは・・・。
手遅れついでに夏はいさぎよく全部出して焼きましょうw(゜O゜)/
って、でもやっぱり心配だわ!日焼け止め日焼け止め!(*^-゚)


雪国のブログ見ましたよ!翁草出てました。やはり自然の宝庫津南町ですね!先日記載したか忘れましたが、我が家の近所に樽田出身の方がおりまして、よく津南町の昔等聞いてます。その方いわく村山百貨店がなくなってしまったのが、時の流れだなと言ってました。また千葉県から津南町正面へ移住した方もおります。

◆津南町大好き様
樽田出身?
わが社の相談役夫人は樽田の出身です。樽田も今は誰も住んでいません。
樽田のブナ林が森林セラピーロードの指定を受け今年から本格的な活用に入るようです。
それも取材できたらと思っています。

村山百貨店さんもそうなんですよ。大きなお店をかまえて押付地区のデパートみたいな存在だったのですが。
今は改装されてグループホームになっています。

千葉から正面に移住?  わぉー。どちらのお宅だろう!
津南にはIターンの方も多いから。
  もしかして・・・flair   happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脱いだり着たり、また脱いだり | トップページ | 津南の味処 »