« 津南のお菓子処 | トップページ | 房総へいざ出発 »

2008年6月16日 (月)

信濃川の対岸から

梅雨の爽やかな晴れ間の息つくヒマもない日曜を過ごし、今日は少々疲れ気味の週明けdespair

先週、親戚の法事があり会長の代理で社長が出席してまいりました。

先代の会長の兄(現会長の伯父)、島田久吉氏の50回忌。

島田氏は、昭和初期、旧十日町自動車商会を興し、現在の松之山温泉凌雲閣を築き、県会議員在職中に亡くなったとのこと。

法事の行われた寺石のお寺まで社長を送った帰り、117号から信濃川を渡った対岸からの景色です。

Img_6253

今井地区からかみごう橋を渡ります。

Img_6246

Img_6242

交通量も少なく、鳥のさえずりと川の流れる音が心地よく、そのまましばらく留まりたい気分になりました。

Img_6240

♪青空かぎる苗場の御岳。心も清き信濃のながれ。

と津南町の小中学校の校歌に必ず歌われるのが信濃川と苗場山。

当ブログにもたびたび登場ですshine

Img_6254

ふだんなかなか行く機会のない足滝地区。青々と育っている苗も気持ちよさそうです。

Img_6249

川の向こう岸、いつも通る117号線が見えます。

たまには反対側から眺めて見るのもいいものですね!

Img_6239

当社にこの道を毎日通っている社員がいますcar

Img_6257

こちら117号、小下里地区。ここは私には見なれた風景です。

« 津南のお菓子処 | トップページ | 房総へいざ出発 »

わが町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津南のお菓子処 | トップページ | 房総へいざ出発 »