« 東の空が気になって | トップページ | ひまわりは今 »

2010年7月 4日 (日)

鳥のさえずりと雨音と  ~名水百選 竜が窪~

Img_6528

二日間お休みをもらいました。家のことをしたり、取材をしたり。

夕べ、蛍の取材にも再チャレンジしたのですが、出がけにお店が忙しく手伝っていてホタルの里に着くと、もう蛍たちは家路に急ぐころ。三脚まで用意して行ったのに残念でした。

Img_6518
と言うわけで今日は小雨の中を 一年ぶりの竜ヶ窪へと出かけてみました。

前回と同じではつまらないのでカメラを持って横になったり斜めになったり、立ったりすわったり・・・

Img_6523
はは、でもやっぱり同じ。

さて、これまでにどれだけのカメラにおさめられたでしょう。おなじみの竜ヶ窪のようすです。

Img_6524

みどりの中で私ひとり。聞こえるのは鳥のさえずりと雨音だけ。

森林浴、とよく言いますが、実際に竜神の森に分け入ると言葉では言い表せない、木々の葉から降るようなパワーがからだを癒してくれるのを感じます。

Img_6513

写真も撮ったし、雨足も強くなってきたのでカメラをハンカチにつつんで急いで退散。

Img_6531

帰りの参道ですれ違ったふた組のカップル。  私はひとり。

駐車場の管理人さんから、
「感想文を書いて行ってください」と言われたのですが、
「すみませーん。時間がないのでー。 感想はネットで公開しますからー!」と早々に車に乗り込みました。
管理人さん、意味わかったかなー?

途中ひまわり広場のようすを見たり、花を見たり、所要時間は1時間ほど。

しっとりと静まりかえった雨の竜ヶ窪でした。これもまた一興。

« 東の空が気になって | トップページ | ひまわりは今 »

わが町」カテゴリの記事

コメント

実家に行ってましたので、近くにいたのですね!!
実家の近くに、竜が窪の窓というところがあります。
あまり知られていませんが。
実家の方の人たちも知っている方は、場所が分からなかったり、という感じです。
私は、小さいころから、一人で行ってましたけれど、
実家は、亡くなった父が知っていたかな!?
探検するほど皆さん暇ではないのです。(あはっ!!
人に言われないうちに自分で!!)

花子さんが、書かれている「竜が窪の窓」というところ
初めてききました。
一度行ってみたいですね、場所がわかれば
池の奥の社も、手前の社も行ったことがありますが

一度だけ展望台の向いにある山道を、歩いたことがあります(現在は、封鎖されてますが)

駐車場の管理人が、感想文を書いてくださいとのこと 初めてききました

昨年の竜が窪の写真より、今年のほうが池の雰囲気が出ているように思いました 

◆花子さま
その『竜ケ窪の窓』の場所は今は地元の人でもわからなくなった、と言うことですか?

一人で行っていた花子さんも?

そこはふだん見られない竜ケ窪の姿が見られるんでしょうね!

ぜひ行ってみたいですが私も同じく探検する暇はないですねー(笑)

◆カメ吉さま
私よりお詳しいですね。

中学生の頃、たしか学校の行事で池の周りを歩いた記憶がありますが、よく覚えていないんです。その頃は興味なかったかな?(笑)

今はこの場所からしか写せないのでしょうか。

昨年の写真と見比べて階段が出来ていたのを発見。現場では気づきませんでした(汗)
紅葉の時期に行きたいですがその頃は米の集荷でなかなか余裕がなくて。

先日、津南で有名な写真を撮る方と
デジカメの写真の講座を開いてくれると
嬉しいなぁ~(町の生涯学習のプログラムの一環として)
などと話をしていたら
社長夫人の写真の腕が上がったと誉めてましたよ~

素敵な写真ですgood

おはようございます。道路からすぐそばなんですが、
子供のころも遊ぶ場所ではないし、大人になれば仕事で忙しくそんなところに行きません!!
私も、一人でしか行ったことがありません!!
近くの友達も知りません!!
そんなところです。
草を刈りに行く人は、知っていると思いますが、happy01

◆りんまま様
えー!そうなんですかー?
嬉しいけどプレッシャーだなー(笑)

行動範囲が限られているのでその中で被写体を探して、それをどう撮るかを考えてるだけでカメラの難しいことは未だにわかりません。
デジカメのおかげでモニターで確認しながらとりあえず何枚も写して。
あとはPCで明るさを調整して、と言う程度です。
同じ写真をもう一度撮れ、と言われても無理かなー(笑)

一枚目の写真は我ながらいい出来だな、と(o^-’)b

◆花子さま
子どもの頃には一人で行ったのに大人になったらわからなくなった、ってことですか?

何年も経って景色も変わったり、子どもの頃の記憶も案外あいまいだし、そのせいなんですね。

同じ部落から来てる社員に聞いたけど『竜が窪の窓』という言葉すら知りませんでした。

(v^ー゜)ヤッタネ!!ってそうじゃないけど
もう40年近く行ってませんから、
(しゃっぺ池)ともいわれています。
知らないと思います。同じ村の人でも知ってる人はわずかです。( ^ω^)おっおっおっ

◆花子さま
もしかして『竜が窪の窓』っていうのは、違うアングルから竜が窪が見えるのではなく、
竜が窪から分かれた水が流れ込んで、まるで竜が窪の窓のように見える池があるってことでしょうか?

場所は、竜が窪とは離れています。
夫人のおっしゃる通り、竜が窪に通じる池です。
そこは、いつも水はきれいで冷たいです。
夏は、とても良い場所ですが、
物悲しいところです。
私は好きでしたけど、
私変りものですから、┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

◆花子さま
でも、今はもう場所はわからないんでしょう?

残念ですねー。

しゃっぺ池? よし、また聞いてみよ!smile

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東の空が気になって | トップページ | ひまわりは今 »