« あとは消化試合? | トップページ | 運がつきますように! »

2010年12月30日 (木)

あと一日

Img_9136

あんな牡丹雪だったのに朝積もった雪の量は意外にも少なくまた肩透かし。

部屋の奥にまで低く射しこむ朝日が眩しい朝になりました。

「誰かマウンテンパーク津南に行かなーい?」(・」o・)」

河岸段丘を写すのには絶好のチャンスと思い叫んでみても返事はなし。

じゃ次のチャンスには私が行くべ。 

Img_9133

どこでもいいから撮って来て、と社員に託したカメラには見なれた風景が写ってました。

信濃川対岸から見た景色と川べりに開いたあの穴eye 私の影響か?(笑)


消化試合もけっこうハード_| ̄|○ハァハァハァ   それもあと一日だ!

魚沼・妻有ブロガー大集合

« あとは消化試合? | トップページ | 運がつきますように! »

わが町」カテゴリの記事

コメント

雪景色ってやはり素敵ですね。で、この水の出てくる“穴”も私の中でもすっかり“馴染み”となってしまいました。
いよいよ明日は大晦日ですね。大阪屋さんも商売柄盆も正月もありませんものね。うちの場合は元旦だけは休みです。

うちの方も今日は雪が山から吹っかけていましたよ。昼間は勤務先の方も降ったし。でも道路も日陰部分が薄っすらと白くなっている程度で全然積もってはいません。もしかすると夜中降って、朝起きたら真っ白だったりして・・・。

diamondクマ様
先日、出かけたついでに鹿渡りの発電所(信濃川発電所)の方へ行ってみました。
いつだったかなー?
そうだ!息子の面談を終えてくらーい気持ちで帰って来る途中。
こりゃこのままだと精神衛生上よくないなって気分転換の意味もあって思い切ってハンドルを切って(笑)

この穴の見える橋を渡ってすぐのT字路を右折。道なりに行くといつも遠くから眺めているあの太ーい水圧鉄管がどどーんと目の前に現れその上を道路が横断していました。
鉄管沿いに道もあって上まであがって行けそうでしたがカメラもなかったしお天気も悪かったし帰りも急いでいたので次回の楽しみとしました。

東京も初雪が降ったとか聞きましたが昨日も今日も今のところ雪の気配はありません。
いったいどうなってんだ!( ̄ε ̄;

今年一年いろんな面でお世話になりました。
また来年もよろしくお願いいたします。
葉が落ちた木に白い雪が積もってとても綺麗な写真ですね!!私も撮ろうかなと思ってました。実行に移せませんでしたけれどcoldsweats01

diamond花子さま
こちらこそ楽しいおしゃべりが出来てよかったです( ̄ー ̄)

またよろしくお願いします。

いろんなものが雪で隠されて新雪が降ったあとはきれいですよね。

今日はいい写真がなく最後の締めくくりが書けませんdown

こちらでもこんばんは。
東電の信濃川発電所の鉄管の上の道から見ると圧巻ですよ。私しばらくそこで佇んでました(笑)。上部の調圧水槽までは疲れそうなんで行きませんでしたが、上からの眺めは素晴らしいのかも知れませんね。
息子さんのことは詳しくはわからないので軽々しくは言えませんが、余り気にしないことが一番ですよ。

diamondクマ様
信濃川発電所に行かれたんでしたっけ?
結局、見つけられなかった、ってのは穴かなんか?(笑)

雪が消えたら絶対に行って見ます。鉄管の上まで。

息子のことはもうあきらめました、なんて今から言ってちゃいけないんですが。
私も喉もと過ぎれば・・・ですぐ忘れちゃうんですよね。受験を控えやらなきゃいけないことがあるんですがそれも後回しになってます。
この親だもんなー。子どものこと責められませんdown

社長夫人の日記にもあったように、清津川橋の上から見える発電所、そして湯沢から国道353号線を下って来る時も正面に見える発電所。あの魅力的な(笑)発電所のそばにどうしても行ってみたくて、ロードマップとナビを見ながら、発電所マークの場所に向かったんです。国道117号線のセブンイレブンの所を入って。
要するに信濃川発電所マークだと勘違いして別の発電所に向かっていたという訳です。まあ後で名前を知ることになる訳ですが、それが下船渡発電所だったわけです。でも実際は当日は社長夫人が水圧鉄管を撮影したと思われる道を、発電所建屋を探して何度も往復していたんですが、なぜか水圧鉄管にすら気づかなかったんです。なぜわからなかったのかが不思議なんですが、思うにその時は信濃川発電所と思い込んでいたわけですから、嫌でもわかる大きな建物があると思い込んで走ってるから、それと比較すると小さな発電所をあるいは水圧鉄管を見落としたのかも知れませんね。
当の道を何度か往復しても気づかないのも変なのですが、半ば諦めて例の赤い橋、何橋というんでしたか、あの橋を渡って、対岸から発見したのが例の“穴”だという訳です。発電所の放水口としか思えない穴があるのだから、そこに発電所があるのだろうけど不思議と発見出来ない・・・当日はそんな感じでした。社長夫人が発電所建屋の場所はわかっていても放水口の場所を知らなかったのと逆で、放水口からそんなに発電所建屋が離れているとは思わないので発見出来なかったとも言えるのかも知れません。
結局そんなわけで迷ってしまったので何度も地図を見ているうち、信濃川発電所(のマーク)はもう少し下流にあるんだと気づいたのでそちらへ向かってしまったのですが、“名前がわからず、放水口しかわからなかった謎の発電所”のことがずっと気にかかっていて、家に帰ってからネットで調べているうちに行きついたのが、この社長夫人のブログと社長夫人も紹介していた「信濃川水系の発電所」というサイトだというわけです。この2つのサイトから、「ああ、やっぱあそこにも発電所があったんだ。下船渡発電所っていうんだ」という次第です(笑)。

diamondクマ様
これ、PCから?

ほんとに発電所マニアだったんですね(笑)

見つけられなかったのは下船渡の方でしたか。
何度も往復された道ってのは私もめったに通らない道で、発電所があるってことは燃料の注文とかたまにあるので、あー発電所があるんだ、って思ってた程度でした。
鉄管が1本だけで建屋も道の下でしかもそう大きくはない建物ですし、地元の者だってほとんど見る機会がないと思います。
対岸から見えるかと車を走らせましたが、車を運転しながらでは無理でした。

こんな小さな発電所を作ってまで一度取水した水を何度も利用して発電してるんですね。
ここでどれくらいの発電がされてるんでしょうね。
数字を聞いてもそれがどれくらいかってわからないけど(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あとは消化試合? | トップページ | 運がつきますように! »