« 気分は報道カメラマン | トップページ | す・す・すごい・・・ »

2011年1月30日 (日)

この隙に!?

Img_9445

なんとか雪が降り止んだ昨日は国道ではどこも排雪作業に追われていました。

まさに、「この隙に!」といったところでしょうか。

Img_9447

ふだんは道路除雪に忙しくなかなか道路脇の雪まで手がまわらないのです。

路面に迫り出した雪をユンボやロータリー車で大型ダンプに積み込み雪捨て場へと運びます。

Img_9449

隠れていた歩道がやっと見えるようになりました。
歩行者もこれで一安心。

Img_9450

子どもの用で十日町まで出かけた帰りに裏道を通ってくるとまわりはほとんど雪の壁。

壁の間から突然車が飛び出して来てヒヤッとする場面も!

どこまでも続く白い雪の壁に一瞬どこを走っているのか錯覚を起こしそうでした。

さて、このお天気もたった一日で今日はまた・・・・・・・つづく

魚沼・妻有ブロガー大集合

« 気分は報道カメラマン | トップページ | す・す・すごい・・・ »

わが町」カテゴリの記事

コメント

今朝通勤の車の中で見ていた、たぶん日テレのザ・サンデーだったと思うのですが、秋田の大雪の話をしてました。今年は気圧配置の関係で山より低地に雪が多く降る、いわゆる“里雪”であるがために、秋田でも四苦八苦しているとのことです。やはり雪捨て場があって、そこはもう小高い丘の状態になっているそうです。
その雪捨て場の存在もですが、こういう除雪した雪を再度処理する光景というのは、うちの方では見られない光景です。雪国ならではの光景ですね。

diamondクマ様
今年は秋田の方が多いようで津南の様子はなかなか報道してもらえませんね。

道路は公の雪捨て場が確保されているんだと思いますが、個人や会社レベルで除雪した雪は、例えば田や畑に一時山にしたり、落下式の屋根だと落ちた雪が家のまわりに山になったり。
それが春の苗代に使う田んぼだったりするとその雪も自然に解けるのを待てずに処理しなくてはいけません。

昨日はテレビを見ていてこの記事を思い出し、コメント入れようとしていたら、寝落ちしてしまいました。北海道・旭川だったと思うんですけど、大学の研究施設で試験的に行っているとのことでしたが、除雪して山になった雪に牧草を被せておくと夏の間も融けないそうです。それでそこにトンネルを掘れば、天然の冷蔵庫になるそうで、そこで野菜などを貯蔵するそうです。特に今年は電力の需給が逼迫しているので、期待大だとか。
津南も日本有数の豪雪地帯だし、牧場もあるから、同じようなこと出来そうだなと思いました。テレビで紹介されたのは、ここの写真に載っているような除雪された大きな雪の山でしたが、そうでなくても、家庭で雪かきや雪下ろしで出た雪を庭の一画に集めて牧草を被せておけば(稲藁でもよいかも?)、実用的な天然の冷蔵庫になりそうではありませんか。

diamondクマ様
ずい分とタイムスリップしましたねー。タイトルを見ても思い出せませんでした。えっ!誰の記事?って感じ(笑)

津南でも(今はどうかわかりませんが)雪を夏祭りまで保存してイベントに利用したことがありましたよ。

この間もTVで紹介されていましたが、この中越地方では雪室といって雪を野菜の保存に利用したり、公共の建物の冷房に雪を使っている自治体や団体などもあるようです。

まだ試験的な段階かもしれませんが、あれほど積もる雪を利用しない手はないですよね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気分は報道カメラマン | トップページ | す・す・すごい・・・ »