« 夕日に向かって | トップページ | 2月の雨音 »

2011年2月 3日 (木)

闘いはつづく

Img_9514

思わずスキーにでも行きたくなるような気持ちの良いお天気に恵まれ、なにやら男性ふたりが雪遊び・・・

・・・・と思った方、いえいえこれは屋根の上。

ただ今、大人の背丈以上もある雪と格闘中なのであります↓

Img_9511

大雪も峠を越え、昨日あたりからどの家も雪下ろし作業に追われています。

下ろした雪が山になって通行止めになっている路地も多かったようです。

その雪を片付けるのがまた一苦労sweat01

Img_9522

新たに積もる雪がないだけ仕事ははかどるのですが、今度は雪がしまって硬く重くなってきます。

首都圏とを結ぶ道路で雪崩が発生、などの情報も聞かれるようになりました。

まだ2月になったばかり。

雪国の闘いは今も続いています。

Img_9519

魚沼・妻有ブロガー大集合

« 夕日に向かって | トップページ | 2月の雨音 »

わが町」カテゴリの記事

コメント

雪は峠を超えたようで良かったです。それにしても屋根の雪、聞きしに勝る凄さですね!!こんなにたくさん積もった雪を下さなければならないなんて、私はやはり雪国では生活出来そうにありません。
積もった大量の雪を前にするとそうも言ってられないかも知れませんが、真っ白な雪が太陽に輝くのはやはり素敵な光景ですね。
うちの方も今日は比較的暖かくて、庭に残っている雪も随分融けてぬかるみになっていました。津南の雪も少しでも融けて嵩が減ると良いですね。

diamondクマ様
雪のない地方の方はこの労力と経費がまったくかからないわけですからね。
早朝や夜遅くまでせっせと雪をつついている間に自分の趣味や家族との団欒で過ごしているわけですし。

一生懸命にやって何か形になって残ることならいいのですが、春になればすべて解けて流れてあとかたもなくなる、それが空しい、と雪国の人は言います。

でもなんでここから逃げ出さないんだろう。

それはやがて春が来るから。
すべての生命が萌え出す春が来るから。

春が来ることが約束されていなければこの辛い冬を耐えることは出来ないかもしれませんね。

苦労が思い出されます。
予報では、こんな天気が続きそうですね。
解けかけの雪は、いろんな面で危ないですから気お付けてくださいね。

diamond峠のおじ様
ありがとうございます。
今年は思いつけず大雪になりました。

昔はもっと除雪体制も悪く、一週間も空を見ることもなく降り続いた記憶があるのでまだいい方かなって思います。

八箇や十二峠では雪崩が発生しているようで、明日息子と山を越える予定でいるので心配です。

町中でさえ道路脇の雪が道に覆いかぶさるようになっていて歩いていると怖いですwobbly


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕日に向かって | トップページ | 2月の雨音 »