« これからも津南の応援を! | トップページ | 18の春  ~旅立ち~ »

2011年3月16日 (水)

不安、そしてご不便をおかけいたします

Img_9733

真冬のような冷たい雪が舞っています。

こんな寒い日によそでは停電?  ましてや被災地は・・・・?

と思うと胸が痛みます。
幸い、今日予定していた東北電力の計画停電は中止になったと聞き少しホッとしました。

ガソリンに灯油、そしてお米、くしくもいま不足していると騒がれている生活必需品を販売している当社は今日も一日、ご注文や問い合わせの電話の対応に追われました。

被災地最優先、と言われていますが被災地であるこの津南でも数量制限をしての販売をせざるえなくなり、お客様には不安やらご不便をおかけしています。

地震後、そんな状況で買い物にも出れずにいたのですが、そろそろわが家も買出しに・・・と夕方、町のスーパーまで行ってみると、照明こそ少し落としてありましたが、意識して見なければ気づかないくらいのいつもの夕方とそう変わらぬ品揃え。(カップ麺コーナーが空いている程度)
ホームセンターでもトイレットペーパーやカイロなどがちゃんと並んでおりました。

津南の人々はみな落ち着いて行動しているようです。

Img_9736

それにしても寒っ!  うぅぅ〜!と風がうなっています。

今ごろになってなんでこんな吹雪に・・・・ 無情。

そうだ! 心があったかくなるサイトを下町さんが紹介してくれてたんだ!

こんな日は、ここでちょっと温まってください。『心に残るつぶやき

魚沼・妻有ブロガー大集合

« これからも津南の応援を! | トップページ | 18の春  ~旅立ち~ »

わが町」カテゴリの記事

コメント

【拡散】thx。
過度の自粛を語る輩がウザい感じですが、
普通の生活出来る人達は普通にしませう。
買占めはあり得ないけども買い控えもまたあり得ない。
被災者の為に義捐金を送る事は大事だけど
経済停滞せぬように皆でお金を使う事も東北を支える事になるかと。

物資の状況は、地区地区で相当の違いがあるのかも知れません。こちらは今もガソリンはほとんど手に入りません。コンビニにも物がありません。
買い占めに走る行為は許せないですが、物がないのも事実です。

田舎の栃木県ですらこんな感じですから、東京の事情は更に酷いかと・・・。
もっとも東北の被災地はそれより厳しい状況なのは事実です。取引先に聞きましたが、茨城も相当厳しいとのことです。
でも被災地以外の人も生活を営まなければならないのもこれまた事実。生活物資が私たちの下でも不足しているのも事実。

ああ、何が言いたいのかわからなくなりました。

diamondたこ焼き屋さん
たこ焼き屋さんが営業していてホッとしました。
いつもと変わらずに生活していればいいんですよね。

うちのスタンドは行列もできず、真冬でもそう何度もないような寒い吹雪の1日でしたが対応を検討していた灯油も昨日よりは落ち着いた状態でした。


明日は息子の卒業式。
そして彼岸の入りですね。
お墓、頭くらい出てるかなー。

diamondクマ様
おっしゃりたいこと、わかりますよ。
って言うか、どうとも言えないことですよね。
誰だって餓えたくないし凍えたくないし。
ましてや家族にそんな思いはね。


辛い時ですが、ここは一つ、逆境をバネに変えましょう!

今朝TBSテレビを見てみたらみのさんの番組で、ガソリンも西日本のと北海道の製油所から東北の被災地に送ること、カップ麺パン、野菜などの食料も十分な量があること、オムツや電池などの生活雑貨も工場の稼働時間を24時間体制にしてフル稼働しているので、十分に量が間に合うことなど・・・。その後もいくつかの放送局でも簡単にですがやってました。
震災被害の報道、福島原発事故のニュースの合間を縫って更にこういう報道がされれば関東地方の生活も落ち着くでしょう。
そういう意味では先の社長夫人の「米は十分あります」の日記は、そういう報道の先駆をなすものであったわけです。あっぱれ!社長夫人!
そちらも長野北部を震源とした地震の影響で大変でしょうが、これもテレビでの報道で申し訳ないですが、東日本各地酷いことになっている中、全世界の人が応援してくれています。被災直前には政治的な緊張のあった中国やロシアも、いち早く進んで救援隊を派遣してくれるなどありがたいです。応援してくれる世界の人々のためにもお互い頑張りましょう!

diamondクマ様
息子の卒業式冒頭に、もし地震が起こったら、の注意から始まり、黙祷、校長先生や担任の先生方もこの度の震災の話をされておりました。
敗戦後も度重なる災害にもめげず世界有数の経済大国になった日本はこの苦難も乗り越えて行くだろうと、一様におっしゃっていました。
日本人の秩序のある行動のことも。

困ったときはお互いさま、っていう考えは日本人だけかと思っていたら、こうやって世界各国から救援の手がさしのべられている様子を見ると、いつもはいろんな軋轢が生じている国とも仲良くしていく方法が見つかりそうな気もしますね。

物不足の不安も徐々に治まって行くでしょう。
みんなで節電すれば停電が回避することもわかったし。

あるコメンテーターが「誰もが電気は空気と同じように思っていた」と言っていました。
今度のことで電気に対する意識が変わればこの経験も無駄にならないというもの。

『ピンチをチャンスに!』  これ、私の座右の銘に追加します(笑)

それにしても日本の経済って微妙なバランスの上に立っているんだなって気づかされました。
毎日毎日それぞれの場でみんなが一生懸命に働いて、この国の平穏な日常生活が支えられているんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これからも津南の応援を! | トップページ | 18の春  ~旅立ち~ »