« 西大滝へ | トップページ | そうだ、見倉へ行こう! »

2011年5月14日 (土)

また通行止め

Img_0005

せかっく爽やかなお天気になったってのに事務所にこもって健康診断の段取りで頭を悩ましている社長夫人です。

だって、去年突然まかされて、年齢だ性別だ、ドックだオプションだとややこしくて、そんなの一年たって覚えてるわけない(-ε-)ブツブツ

Img_0013

さて、そんな社長夫人のもとへ届いたのは「353の通行止めの写真!」と社長から渡されたカメラのメモリーカード。
長野県北部地震で土砂が崩れで通行止めになった津南町辰之口から十日町市松之山へ通ずる国道353号線が(いったん復旧)、昨日までの雨の影響でまた通行止めになったのです。

Img_0006

社員の話では、この橋の下は川ではなく地元の方の農器具置き場となっていたそうですが(事前に撤去)そこがすっかり埋まってしまっています。

・・・・どの写真も被害がイマイチわかりにくい(-ε-)ブツブツ

Img_0012

田んぼにも土砂が流れ込んでいます。

相次ぐ余震と雪どけ水。そしてこれからの雨のシーズン。

予断を許さない状況は続くようです。

Img_0007_2

Img_0231

魚沼・妻有ブロガー大集合

 

« 西大滝へ | トップページ | そうだ、見倉へ行こう! »

わが町」カテゴリの記事

コメント

栃木県もここ2~3日は余震が多く発生しています。そういう今も揺れています。今回の本震は規模が大きかっただけに、1年間位は余震が続くかも知れないとのことですが、大きなものがなければよいですが・・・。
今、YouTubeで「東日本大震災」で検索すると、大船渡での津波到来時の様子を撮影した映像が投稿されています。今までもテレビなどでも各地の津波到来時の様子をたくさん見ましたが、この映像は余りショッキング過ぎて泣いてしまいました。たった9分に満たない映像の中に、津波が来る前から津波で家が流されていくまでが刻名に写っているのですもの。

5枚目の写真に写っているコンクリートの構造物は、西大滝ダムから東京電力信濃川発電所までの水路の暗渠一部ですか?

「刻名」→「克明」の間違いです。はあ、漢字は難しい、、、、

diamondクマ様
ここはそうそう。
私もマニアさんのサイトで初めて信濃川発電所の上部の裏側にこんな施設があるのを知ったんです。

西大滝よりここの方が低いってのがどうしても理解できない(笑)
それにしても昔の人ってものすごい工事をしたものですね。

TVで何度も見た津波の映像をあらためて見直してもショックを受けますよね。
なんでも映像で残せる時代とはいえ、津波ですべてが流される様子を目の当たりにしながら撮影した人たちはどんな気持ちだったんでしょう。
夢でも見ているような信じられない気持ちだったでしょうね。

未だに、「あれが夢で覚めてくれたら・・・」と言う被災した人の言葉が印象的でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西大滝へ | トップページ | そうだ、見倉へ行こう! »