« 桜・残雪・そして新緑    | トップページ | 水力がんばれ! »

2011年5月 4日 (水)

お気に入りのスポットで

Img_0047

お気に入りのスポットに久々に降り立ってみました。
冬の間、雪の壁にさえぎられ望むことが出来なかった景色とやっと対面です。

広い大地のすみっこでは肥料を撒く人の姿も見られました。

Img_0048

雪が消えたばかりのまだ雑草も育たぬ道端に可憐なスミレがそよ風にゆれていました。 

私のカメラにおさまるのがイヤなのか、なかなかじっとしてくれません。

Img_0056

その近くにたった一輪のショウジョウバカマ。

Img_0058

苗代の片隅には消え残った雪がいつまでも寒い今年の春を物語っているようです。

朝晩はまだストーブやこたつ無しではいられません。

考えてみると冷暖房の要らない季節って本当に短いですね。

電気のお世話になるわけだわ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

Img_0026

魚沼・妻有ブロガー大集合

« 桜・残雪・そして新緑    | トップページ | 水力がんばれ! »

わが町」カテゴリの記事

コメント

津南にも春の訪れですね。桜などの大きな花も良いですが、道端の隅でひっそりと春を知らせているすみれも素敵ですね。すみれのような女性が身の回りにいたらなあ(笑)。

まだ小さな子供の頃はこたつはまだ練炭を使っていました。エアコンはもちろん、石油ファンヒーターなどもなくて、石油ストーブが当たり前でした。そして小学生位まではガス炊飯器を使い、ガスで沸かしたお湯を魔法瓶に入れて保温、掃除機も今ほど普及していなくて、うちは長く箒を使っていましたよ。確かに高度経済成長前よりはもちろんですが、一昔前と比べてもかなり電気を使う器具が増えてますよね。
家庭でもここまで電気に頼り過ぎること、そして店舗も街も必要以上に明るくし過ぎることによって大量の電気が必要になったことが、原子力発電所まで必要になったのだと考えると、今回の原発事故に対する考え方も少し違ったものになってきます。

diamondクマ様
クマのそばにスミレ?  くまのプーさんを想像しちゃいますね(笑)

まだ寒いせいか豆炭(ご存知ですよね?)が売れるんです。ホームセンターなどは春に商品を入替えてしまうのか無いらしく・・・。
で、店先に『豆炭あります』と積んでおいたらGWで関東から見えられたお客様が、
「まめすみ?・・・」と、これ何だろう?と不思議そうに見ていました(笑)

気仙沼のお茶の先生が今回の震災でお茶に使う炭が役に立ったとか。
プロパンガスもしかり。災害時には昔式の燃料が頼りになるようです。

灯りから始まり洗濯機、冷蔵庫、テレビ、掃除機、エアコン・・・・でパソコンが登場。

今はガス炊飯器だってガステーブルだってマイコン搭載で電気がなければ動きません。

クリーンで手軽な電気。
コンセントに差し込むだけで朝起きればご飯が炊けてるんですからこんな便利な生活はありません。
女性を家事という重労働からから解放してくれたのも電気のおかげ。
  (家事なんてたいした仕事じゃないないん思ってる世の殿方も多いですが)
電気という『禁断の果実』を手に入れた人間が、原子力という『神の火』を操ろうとしたがやはりそれは『神の火』だった。
奢った人間が神を怒らせてしまったのかも知れませんね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜・残雪・そして新緑    | トップページ | 水力がんばれ! »