« 一日の終わり | トップページ | 電気のありがたさ »

2011年7月 7日 (木)

星に願いを

Img_1083

きゅうり、トマト、ナス、そして夕顔。夏野菜が美味しく食べられる季節になりました。
わが家の食卓はしばらくは毎日そんな顔ぶれ。
いかに料理するか、主婦の腕が試されます。  えっ?
(毎日ほとんどおんなじです。笑)

そして、これに茗荷が加わった日には食欲もりもりで夏太りが加速。
冬に太って夏に太って。これでは瘦せるはずがありませんね( ̄‥ ̄) = =3

「今日の新潟日報には津南の記事が3つ載ってるよ!」朝しっかりと新聞を読んでくる社員が教えてくれました。

一つはきのう、辞任したばかりの松本龍・前復興対策担当相が長野県北部地震で被災した津南町を視察したこと。
二つめはマウンテンパーク津南が2015年3月までに廃止される見通しとなったこと。これも業績不振と施設の老朽化に地震が追い討ちをかけたかたち。
そして3つめは、津南町議が自身が社長を努める会社で県の雇用創出基金事業で不正受給を受けていたこと。

Img_1076

どれもいい話ではなく朝からテンションが下がる思い。

そして七夕にお決まりの雨が降ってきました。

最後にいい話。
昨年、この商店街の七夕飾りに「子どもができますように!」と書いた短冊を下げた社員に先ごろめでたく男児誕生。
願いが叶い調子にのったその社員は今度は「宝くじが当たりますように!」と書いて下げたようです。
違うだろ!「子どもが元気に育ちますように!」だろ!と皆につっ込まれておりました。

もう一人、12月に子どもが生まれる予定の社員がいて、「また孫がふえる」と顔がほころぶ社長夫人です。

魚沼・妻有ブロガー大集合

 

« 一日の終わり | トップページ | 電気のありがたさ »

わが町」カテゴリの記事

コメント

七夕に県境地震で被災された方々の早く復旧する事お祈りします。頑張れ奥信越津南

diamond津南大好き様
栄村も、東北ももちろんそうですが、辛いのはそのまま商売をやめたり田んぼをやめたり。
この地を離れていく人が多いことですね。

昨日は七夕でしたね。余り天気がよくなかったけど、織姫とひこ星は年に一度の逢瀬を楽しんだのでしょうか。
東北三大祭りの一つでもある仙台の七夕祭りは今年は開かれるのかな?うちの方は最近はすっかり廃れてしまったのですが、商店街で仙台みたいに大きな七夕飾りを飾りました。飾りが同じように大きいというだけで、祭りの規模はぐっと小さかったのですが・・・。開催日も仙台と同じで、月遅れの8月7日でした。子供の頃に家で母親と作った七夕飾りも月遅れの8月で行いました。商店街の七夕飾りもなくなったし、家の回りでも今は7月7日に行われるようになりました。母親はデイサービスに行って短冊に願い事を書いて来たそうです。
「元の元気な体に戻りますように・・・」
病院に連れて行きながらそんな話を聞いて、ちょっと切なくなりました。

diamondクマ様
商店街(おかみさんの会)の七夕飾りの短冊は、地元の小学校の1、2年生とその家族から書いてもらうのですが、親はやはり『家族が健康で幸せに暮らせますように』との願いが多いようです。
あとは『平和な世の中でありますように』かな。
まずそれが前提ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一日の終わり | トップページ | 電気のありがたさ »