« 陽射しを避けて | トップページ | お米が消える日!? »

2011年8月31日 (水)

新米まであと○○日

Img_1874

「新米が出まわるのはいつ頃になりますか?」そんなお問い合わせをいただく時期となりました。

「このまま順調にいけば9月下旬には・・・」とお答えしています。

Img_1877

さて、農家の方が何を目安に稲刈りを始めるか、というとですね。刈り取り適期を予測する積算温度計、と言うものがあるのです。(河岸段丘面ごとに基準となる田んぼに赤い旗が目印に設置されているようです。)

Img_1865

出穂期(穂が8割方でそろったら)から計測を始め、目安は正面原で1000度。
今日現在(正面原。当社総務課長調べ)
8月4日の出穂で 671℃
8月8日の出穂で 563℃
これからの気温にもよりますがあと20~25日前後でいよいよ稲刈りができそうです。

Img_1881

台風の影響なのか残暑というよりフェーン現象といった今日の暑さ。

ごらんの通り風もかなり強いようです。

Img_1880_2

稲刈りとともに新潟県下で始まった新米の放射性物質の検査も今のところ検出放射性セシウムは検出されておらず新米の出荷が待たれる津南です。

魚沼・妻有ブロガー大集合

 

« 陽射しを避けて | トップページ | お米が消える日!? »

わが町」カテゴリの記事

コメント

へえぇ~、農家じゃないからわからないけど、籾が割れるとかふくらみを見て刈り入れ時期を判断してるのかと思ったら、そんな風にきちんと数値で管理してるんですね。すごいなあ。
栃木県のお米も今のところ、放射性セシウムなどの放射性物質は検出されてないようです。肉牛の出荷も全頭検査を前提に再開されたし・・・。

diamondクマ様
いつ頃からなのかわかりませんが品質を保つために刈り急ぎとか刈り遅れのないように誰でもがこれで適期がわかるようになったのではないでしょうか。

米に限らず数値で安全が確かめられ風評被害が早くなくなることを祈ります。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陽射しを避けて | トップページ | お米が消える日!? »