« 真心こもった津南のお米“津南町認証米”販売開始しました | トップページ | 夢と元気を乗せて~La Festa Autunno2011~ »

2011年10月 8日 (土)

12年の歳月をへて

Img_2308

すっかりブログのさぼり癖がついてしまった社長夫人です。
新米の集荷、検査、発送、そして中間決算もかさなり一年で一番忙しい時。
お許しあれ。

Img_2310

さて、国道117号線で最後に残った交通の難所と言われてきた津南町芦ヶ崎地内を走る大倉スノーシェードが、新しく掘られた大倉トンネルとともに大倉バイパスへと道の流れを変え15日の正午にいよいよ開通のはこびとなりました。

Img_2311

細く、長く、暗く、曲がりくねった大倉スノーシェードは慣れた地元の者でさえ大型車とのすれ違いには細心の注意を要し、過去には何件もの交通死亡事故も起きた場所で改良が待たれていました。

Img_2318

工事の着工から12年。完成するのは気の遠くなるような先のこと、と首を長くしてこの日を待っていました。
12年の月日が流れ、ついにこの日がやって来た、と思うと感慨も一入(ひとしお)です。

Img_2296

永年にわたりこの改良工事にご尽力いただいた多くの方々に感謝したいと思います。

早く通ってみたいですね(((o(^。^")o)))ワクワク

魚沼・妻有ブロガー大集合

« 真心こもった津南のお米“津南町認証米”販売開始しました | トップページ | 夢と元気を乗せて~La Festa Autunno2011~ »

わが町」カテゴリの記事

コメント

嫁いだ時に清津川橋と大倉トンネルの道幅が狭くて走行する時ドキドキしてました。トンネル工事が始まった時、『完成する時は私は何歳?』と…時代の流れを感じますね。

12年に及ぶ工事ってすごいですね!
確か西大滝ダムに行く時に一部狭い所があったような記憶があるんですが、そこのことなんですか。今回新しい道が出来るというのは?
日光市でも旧栗山村の湯西川温泉は、ずっとくねくねとした狭い道だったのですが、事業中止にするかでニュースにもなった湯西川ダムの完成(来年4月の湛水開始)に先行して、ダムの底に沈んでしまう道路の付け替え道路が、2ヵ月ほど前に開通しました。ほとんどをトンネルと橋で一直線につないでいて、さながら対面通行区間の高速道路のよう。よくぞや山と谷の連続の地にあれほどの道路を作ったものだなと思いました。でも何年かしてその道を走っても、その道が当たり前に感じてしまって、昔のくねくね道など忘れてしまうのでしょうね。

diamondユミーナ様
清津橋もそうでしたねー。橋への進入路が両岸とも急な坂道でカーブで。
幅も狭くひやりとしたこともたびたびでした。

12年経ってしまったんですねー。

diamondクマ様
そうそう、その場所です。
観光バスの運転手などからも悪評だったそうです。

この改良を機に観光客も増えたらと思いますが、今でも夜は長距離の大型トラックがびゅんびゅん通るのでそれも増えるんじゃないかと。
もう慣れましたが夜中から朝方まで車のエンジン音が子守唄です(苦笑)

私が運転免許をとった頃とは津南から隣の十日町までの道のりで昔の景色が残っている場所はなくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真心こもった津南のお米“津南町認証米”販売開始しました | トップページ | 夢と元気を乗せて~La Festa Autunno2011~ »