« 「幸せを呼ぶつるし雛/鶴の恩返し」 | トップページ | 90周年大感謝祭 »

2011年10月27日 (木)

晩秋の装い

Img_2544

いつまでも続くおかしな暑さに足踏みしてい紅葉。
やっと色づいてきた周囲の山々も、いつもの鮮やかさに欠ける気がするのは私だけでしょうか。

Img_2553

絵に描いたような青空に誘われて久々に覗いたファインダーに映る景色はすっかり秋も終わりの装いとなっていました。

Img_2567

少し迷ってたどり着いた沖の原の展望台。

眼下に見える国道405号線には県外ナンバーの観光バスやマイカーが秋山郷へと連なって走っています。

Img_2559

そしてここへも町議選の街宣車から流れる候補者の名前を連呼する声が聞こえていました。

次の日曜日が投票日。 あ、その日わたし仕事だわ!期日前投票に行かなくちゃ。

Img_2573

やがて来る雪の季節を前に優しい表情を見せる今日の津南です。

魚沼・妻有ブロガー大集合

« 「幸せを呼ぶつるし雛/鶴の恩返し」 | トップページ | 90周年大感謝祭 »

わが町」カテゴリの記事

コメント

最近は時間の流れがすごく早く感じますね。今日届いた年末調整の書類。
もうそんな時期に?

社長夫人の写真にもあと少したつと雪化粧ですね…寂しくなります。

この間、前から乗ってみようと思っていた、水陸両用バスに乗って来ました。
日光市の湯西川温泉駅から出発して、川治ダムまで行って、ダム堤体のキャットウォークを歩いて見学。その後は陸上からダム湖へ客を乗せたままで入水するんです。1時間20分位の行程で3000円は決して安くはないけど、ダムにもちょっと興味のある私としては、なかなか満足出来ました。
キャットウォークってのは、堤体に貼りつくように設置された職員の点検用通路のことです。普段は一般人は、テロの警戒もあって入れないそうだから、お金出しても貴重な体験でした。
アーチ式ダム(黒部ダムみたいな、両側の岩盤で水の力を支えている、弧を描いたダム)としては、国内第4位の堤体高を誇るという川治ダムには、高低2本のキャットウォークがあるんですけど、ちょうど堤体の真ん中辺り、それでも谷底からは60mの所に設置されたキャットウォークからの眺めは、上を見ても下を見てもスリルがあって良かったです。ダム湖に入る時も、思っていたよりスピード出して入るんで、これまたスリルがありました。

おっと、のっけから長くなってしまいましたけど、こんなことを言うために(本当は言ってみたかったんだけど)この話を出したんでなくて、川治ダム近辺も本来は紅葉が綺麗で、それもちょっと期待していったんですけど、色づきがすごく悪かったんです。川治ダムを案内してくれたガイドさんが言ってたんですけど、今年は9月下旬にもに暑い日が続いたから、色づきがわるいんですって。
同じ日光市でも川治ダムよりもっと上流の湯西川温泉はまあまあ色づいているし、同じ市内でも方角は全然違う、中禅寺湖や戦場ヶ原などは綺麗なんですけどね。相当標高の高い所でないとダメみたいです。秋山郷も奥へ行けば行くほど、結構色づいてたんでしょうね。

diamondユミーナ様
先週あたりから保険会社から年調関係の証明書が届き始め、「えー!もう年調?見たくないよそんな文字」って思ったところへ税務署からの書類が届きとどめを刺された感じ(笑)
忙しい時期がやっと終わり少しは気持ち的にホッとできるかなと思っていた矢先・・・。
こんなのまだあとあと、と目の届かない場所にしまいました。
どっちみち8月の中間決算もまだ片が付かづそのあと2か月分の仕事もたまったまま。冬じたくもあるし、息子のところへもそろそろ行かなきゃだし。
11月も足早に過ぎそうです。
あー12月嫌だなー_ノフ○ グッタリ

diamondクマ様
木々は気温の差で季節を感じ紅葉し落葉するんですから今年みたいにいつまでも暑いときれいな紅葉が見れるわけないですよね。
一度葉を落とした桜があまりの暖かさでまた咲いたとか聞きましたし。


今日は次の日曜の代休。お天気にもなったしあれもしなくちゃこれもしなくちゃです。

■町の美術展が開催されています。文化センター2Fロビーのkobaさんの大絵画3点の真下の棚に、10点ほどを並べさせていただきました、そのブナの絵の背景がよく相乗効果でgood!  今回は石の作品が主体です。 ※お勧め品は、いしのこ(石の茸)・巌(iwao)岩石のカケラで人物像  ゴチョゴチョ並べてありますがご笑覧ください。    ■作者とすればそれぞれメッセージめいたものがありますが、あえて付記せず 見る方の想像で楽しんでもらえれば幸いです。 (-。-)y-゜゜゜

diamond石木様
ふれあいセンターでやっている頃は近くて銀行帰りなどにふらふらーっと立ち寄ったんですが文化センターだとやっていることすら忘れてしまいそうです。
忘れなかったら銀行帰りにでも遠回りして拝見します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「幸せを呼ぶつるし雛/鶴の恩返し」 | トップページ | 90周年大感謝祭 »