« もったいないような青空 | トップページ | 天災は忘れないうちにやってくる »

2012年10月15日 (月)

黒い大地にもどる

Img_1771

晴れていたと思ったら降ったりやんだり。
雲のあいだから太陽が射しこんだり。
今日はちょっと不安定なお天気です。

Img_1773

ほとんどの作物の収穫が終わり雪の季節を待つばかりとなった津南。

Img_1788

緑一面だった畑が黒や茶色の大地に戻りました。

Img_1791

これから仕舞うのか今ではすっかり津南の特産となったユリのビニールハウス。
覆いが外され骨組みだけになったその下にはところどころに刈り残されたユリが(これはシベリアという品種だそうです)ちょっと誇らしげな姿を見せていました。

Img_1766

魚沼・妻有ブロガー大集合

« もったいないような青空 | トップページ | 天災は忘れないうちにやってくる »

わが町」カテゴリの記事

コメント

昨日の夕方、信号待ちで停車した時の事。
日が暮れて事務所の中がよく見えました。
あ、今歩いてるショートヘアの人が夫人さんかな?
それとも奥で何やらデスクワークしてる女性が
夫人さんかな??などと半ばストーカーまがいな
思考で車窓から見つめておりました。

十日町の町中、舗装工事で大渋滞でしたわ・・・。

何か大振りな花弁の百合なんですね。今度カサブランカ植えてみようかな・・・

diamond焼き鮎さん
お久しぶりでした。こちらへお出かけでしたか?

わたしは現在、髪はロング、背はチビ(笑)

この時期に雪国はいたるところで道路工事。
地震の復旧もまだまだのようで、夕べ7時過ぎころ見えた生コン会社の方、
「毎朝5時半からこの時間まで。もうくたくた!」と嘆いていました。
そちらも同じようかしら?

diamondクマさん
大輪の豪華なユリですよ。
全国的に高い評価を受けていて首都圏では高額な花として取引されているそうです。
白くて華やかで結婚式などお祝い事にもってこいですもんね(*^.^)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もったいないような青空 | トップページ | 天災は忘れないうちにやってくる »